自転車による交通事故の実態

もしあなたが、突然何の前触れもなく、大怪我を負う、または命に関わる重大な事故に遭ってしまったら、どう感じますか?突然の出来事ですので、何の準備も対策もできません。
ただ道を歩いているだけで、そんな出来事に遭遇することがあるのです。

自転車事故は、その最たる例です。
とある老人は、普通に歩道を歩いていただけなのに、後ろから自転車に衝突され、その後車いす生活を余儀なくされるほどの大怪我を負ってしまいました。
なんと悲しい出来事なのでしょうか。
また、実際に自転車との衝突により命を落とした人も大勢います。
この事態を私達はどう考えるべきでしょうか。

そのためには、まず自転車事故の実態について考えてみる必要があります。
警視庁の調べによれば、全国における最近5年間で自転車事故の件数・負傷者・死亡者数を比較したとき、これが減少傾向をたどっていることが明らかになっています。
自転車の不注意やスピードの出し過ぎなどによる事故に対して警鐘が鳴らされて以来、法律改正なども含め、多くの対策が練られました。
また、学校では自転車の乗り方、マナー、危険性などに関する講習等の取り組みがより一層強化され、意識は一時期より格段に強まってきたと言えるでしょう。

しかし、そのような取り組みが行われていながらも、現在でも自転車の歩行者に対する過失や自動車との衝突などにより、多くの被害者が発生していることは確かです。
では、私達が実際に交通事故の場面に遭遇してしまったら、どうすれば良いのでしょうか。
このサイトでは、その取り組み方について紹介します。



■外部リンク
交通事故被害の示談や損害賠償などについて弁護士へ相談ができます =≫ 弁護士 交通事故

Copyright © 2014 自転車で交通事故を起こしたら? All Rights Reserved.